« すすきの祭り~連合神輿渡御 | トップページ | 炭鉱遺産を訪ねて その2~美唄編 »

2008年8月10日 (日)

炭鉱遺産を訪ねて その1~美唄編

本日も訪問ありがとうございました!
宜しければ↓クリックにご協力下さいませm(_ _)m
Banner_04_3

夏の札幌旅2日目は、炭鉱遺産を訪ねて日帰り小旅行に出掛けましたsign01

過日、夕張を訪れて以来、炭鉱遺産には興味を抱いていたのですが、
北海道中央バスの夏期観光コースに良さそげなのを見つけましたhappy01

「炭鉱遺産 美唄・歌志内・赤平を訪ねて(現地ガイド案内付)」shine

札幌滞在中は、めったにしない早起きをして(w
札幌バスターミナルに向かいますdash

ターミナルに到着すると、人ひとヒトの大賑わいsign03
さすがは観光シーズンの週末と思っていると...
富良野美瑛や旭山動物園コースが出発すればウソのような閑散ぶりcoldsweats01

結局、このツアーに参加したのは総勢6名(w

Dscf8137
Dscf8132

何はともあれbus出発ですsign03

美唄市内に入り、トイレ休憩を終えて、
いよいよ炭鉱遺産巡りとなりますhappy01

Dscf8140_2

美唄鉄道東明駅跡

ここで合流した現地ガイドの方の案内が始まりましたsign01

沿線で唯一現存する駅舎は、三井鉱山の寄贈によるもの
本来、三菱炭鉱の石炭輸送を担っていた美唄鉄道ですが、
最盛期には、この地域に三井鉱山の炭鉱住宅があったことから、
こうした珍しいケースとなったそうです

Dscf8146_2Dscf8145_2

駅舎裏には、自社発注された大正生まれのタンク機、
2号機関車がキレイな状態で保存されていますshine

Dscf8149_2

プラットホーム跡も健在で
廃線跡はサイクリングロードとして整備されていますが、
熊が出没したようですネcoldsweats02

Dscf8151_2

続いて、沼東中学校グランド跡にある三菱美唄記念館で、
各種の炭鉱関係資料と共に、沢山の体験談をお聞きし、

その後も、途中の沿道に残る施設遺構や街の痕跡の
ガイドを受けるうちに到着したのは、

Dscf8185_2Dscf8167_2

三菱美唄炭鉱の堅坑櫓周辺に整備された
炭鉱メモリアル森林公園sign01

櫓が他の施設で埋もれ、鉄道の引込み線も縦横に拡がり、
常盤台と呼ばれた右に見える山には、
多くの炭鉱住宅や小中学校があった様子は、
この光景からは全く想像できません...
今日の現地ガイドさんは、
ここの小学校で教鞭を執られていたそうです

痕跡を感じられない大きな理由のひとつは、
三菱炭鉱が国有地を借りていた関係で、
閉山後は、更地にして返還されたためとの事です

Dscf8170

坑口跡はかろうじて確認できました

Dscf8156_2

原炭ポケットの遺構
坑内で採掘された石炭を選炭されるまで、
一時貯蔵した施設だそうです
現存するものでは道内で最大規模sign03

Dscf8184_2

かまぼこ型の建物は、開閉所跡
炭鉱関連施設の電源を一元管理していた場所との事です

奥側の立坑は上風坑と呼ばれ、主に坑内からの排気や人員搬入用
手前の立坑は下風坑と呼ばれ、坑内への入気や石炭・資材・ズリの搬出用

Dscf8169_2

大正生まれの櫓は完成当初の鮮やかなオレンジ色

Dscf8181

周辺がすっかり自然に帰ろうとしている中で、
かつてここに人の営みがあったことを
ひとり訴えているかのようでした...

最後までお付き合いありがとうございました!
お帰りに↓ポチッとお願いしますm(_ _)m
Banner_04_3

『串1本で鶏1羽が味わえる』! !こだわりの 美唄焼き鳥3本入り5パックセット冷凍便でお届けします。   美唄のグルメ・焼き鳥(炭火焼きモツ、精肉) 『串1本で鶏1羽が味わえる』! !こだわりの 美唄焼き鳥3本入り5パックセット冷凍便でお届けします。   美唄のグルメ・焼き鳥(炭火焼きモツ、精肉)

販売元:ラピスイオン
楽天市場で詳細を確認する

|

« すすきの祭り~連合神輿渡御 | トップページ | 炭鉱遺産を訪ねて その2~美唄編 »

北海道」カテゴリの記事

コメント

やっぱり大半は、メジャーコースなんでしょうね。
リピーターになると、徐々にマニアックコースが嬉しいもの。
ただ、そのコースがなくならないことを、祈りたいものです。

投稿: MAYU | 2008年8月17日 (日) 21時28分

>MAYUさま
中央バスのガイドさんによれば、
このコースは通常は1~3人で、
今期はこの日が最多だそうです
内容は濃いものなので、来期以降もコース設定がされるよう願っています

投稿: 181やくも | 2008年8月17日 (日) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154353/23010947

この記事へのトラックバック一覧です: 炭鉱遺産を訪ねて その1~美唄編:

« すすきの祭り~連合神輿渡御 | トップページ | 炭鉱遺産を訪ねて その2~美唄編 »