« コンビニの揚げたてフライドチキン~セイコーマート | トップページ | 曼珠沙華~巾着田 »

2008年10月 2日 (木)

士幌線跡巡り その4~無くなってしまった街

本日も御訪問ありがとうございます!
↓クリックにご協力下さいませm(_ _)m
Banner_04_3

士幌線跡巡りも終点まであとわずか、

Dscf0578
Dscf0561_2

幌加駅跡は、国道273号線の除雪ステーションの脇に
ひっそりと残っていました...

Dscf0566

草に埋もれつつはありますが、線路とプラットホームが健在ですsign01

Dscf0567_2

ホームには、駅名標が再建されていましたhappy01

Dscf0572

ホームに上って、列車をイメージしてみたり...
ただ、かつて数十軒あったという人の営みの痕跡を
周辺に見つけることはできませんでした

続いて、士幌線終点の十勝三股を目指しますdash

Dscf0583_2

こちらは線路に駅舎、関連施設も全て撤去され、
周辺より一段低く伸びる光景に鉄道跡を偲ぶのみ...

Dscf0589_2

湿地帯と化した路線跡は、一部に木道が整備されていましたsign01
(駅舎跡付近には東屋も)
周辺に群生するルピナス観賞用でしょうか...

Dscf0592

切り開かれて明らかに人工の匂いのする風景ですが、

Dscf0591

営林関係の倉庫として使われている
木工場跡らしき建物が唯一健在でした

十勝三股駅周辺には、
かつて1000人を超える人々が暮らしていたとのこと
今や、国道沿いの喫茶店にしか、
人の営みを感じる建物は見られません

Dscf0594Dscf0596

住む人が居なくなれば当然ではありますが、
士幌線廃線後の代行バスも減便→廃止となりましたsad

その代わりなのか、帯広~旭川間を結ぶ都市間バスbus
一日2往復は停車するようです

Dscf0595

地元在住者の利用は期待できそうもありませんが、
乗り鉄派の方の駅ネ(駅舎での宿泊)のように、
こちらで一晩を過ごそうとした方でもいらしたの
でしょうか...(w

Dscf0587

地元でオッパイ山と呼ばれる、ピリベツ岳と西クマネシリ岳sign01
かつての街はすっかりなくなってしまいましたが、
この山々の光景だけは、過去も今も、これからも
きっと変わらないものなのでしょうネwink

最後までお付き合いありがとうございました!
お帰りに↓ポチッとお願いしますm(_ _)m
Banner_04_3

|

« コンビニの揚げたてフライドチキン~セイコーマート | トップページ | 曼珠沙華~巾着田 »

北海道」カテゴリの記事

コメント

線路のすぐ脇には、こんなに雑草も生えているんですね。
線路が今にも隠れてしまいそう。
もう、自然の一部と化している様は、
少しさびしくもあります。

投稿: MAYU | 2008年10月 3日 (金) 23時52分

>MAYUさま
もともと原野であった地域だけに、
人の営みが無くなれば、意外なほど早く、
自然に還ってしまうのも北海道ならではの現実なのもしれませんネ

投稿: 181やくも | 2008年10月 4日 (土) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154353/24203974

この記事へのトラックバック一覧です: 士幌線跡巡り その4~無くなってしまった街:

« コンビニの揚げたてフライドチキン~セイコーマート | トップページ | 曼珠沙華~巾着田 »