« 仕込、蒸溜、貯蔵の見学~シングルモルト匠の技講座その2 | トップページ | モルト原酒の樽熟成~シングルモルト匠の技講座その3 »

2010年4月28日 (水)

純中国料理 麒麟園~京都激辛商店街その2

本日も御訪問ありがとうございます!
↓クリックにご協力下さいませm(_ _)m
Banner_04_3

激辛大福を購入した後、ディナーに向かいましたdash
阪急東向日からJR向日町へ向かって5分程、
右側の路地に入ると、

Img_1307

純中国料理 麒麟園に到着ですhappy01
幟も立つとおり、こちらも激辛商店街の1店、

Img_1309

まずは激辛メニューからマーボ豆腐、
当然最辛レベル5を狙いましたが、
現在は激辛警戒レベル3までとの事、
仕方なくそちらを頂くことにしますww

Img_1331

四川風の本格派を想像していたのですが、
スープが大目で、意外におとなしい出で立ち

Img_1332

でも、よく見ると唐辛子が其処ココに点在しており、
ひとくち目から強烈な辛さannoy
山椒系の痺れ感ではなく、
純粋に唐辛子系の痛痺れ感に支配されますbomb
(レベル3までにされた理由がわかりました)

Img_1324

ヱビスビールbeerもあっという間に1本空きそう

スープ自体は味噌系の旨みがたっぷり含まれており、
レベル1に抑えれば、
きっと旨辛バランスのとれたマーボー豆腐と思われますhappy01

Img_1314Img_1315Img_1316Img_1317Img_1318

他の一品メニューも充実しているので、激辛はここまでsign01

Img_1326Img_1329

オススメになっていた焼き餃子、
オニオンスライスが添えられています
春雨の食感も面白く、
餡のジューシーさで、皮のパリパリ感が引き立ち、
なかなかバランスのとれた味わいshine

Img_1330

豚肉野菜炒め、
しっかりした味付けながら、
醤系は控えめで、意外にあっさり頂けます

Img_1310Img_1327Img_1328

〆は、気になっていた壁の季節限定メニュー、
京都の春の旬を取り込んだ、たけのこチャーハンsign03

しっとり感を残した焼飯ライクな仕上がり、
たけのこのシャキシャキ感が魅力的です

添えられたスープは、出汁が良く効いていて、
むしろ御汁(おつゆ)といった風情に味わいup

ここで、最初のマーボー豆腐から感じていた事を確信したのでした
純中華料理と冠したお店ではありますが、
一品一品に和のテイストが加えられた創作中華系なのだと

Img_1323

振り返ったカウンターには、何と御造りが本日のおすすめにsign02

Img_1311Img_1312

こだわりのお酒と共に、
次回は別の楽しみ方ができそうですhappy01

お帰りに↓ポチッとお願いしますm(_ _)m
Banner_04_3

|

« 仕込、蒸溜、貯蔵の見学~シングルモルト匠の技講座その2 | トップページ | モルト原酒の樽熟成~シングルモルト匠の技講座その3 »

京都グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154353/34428975

この記事へのトラックバック一覧です: 純中国料理 麒麟園~京都激辛商店街その2:

« 仕込、蒸溜、貯蔵の見学~シングルモルト匠の技講座その2 | トップページ | モルト原酒の樽熟成~シングルモルト匠の技講座その3 »